コロガシ馬券 必殺一億円

<<ブログトップ  『コロガシ馬券 必殺一億円』 望愛するミラクルおじさんへ捧ぐ…

資本金の最終到達額100,000,000円を目指し、日々邁進中!

*****

毎日王冠 

やっぱ、ちょっと予想を見直し、

力関係から、スマイルジャックだな軸は。
ペルーサはまいどゲートの出が悪いから、後ろからで2着までとかか。

[PR]

# by tanaken_p | 2010-10-09 22:01 | 5000円→1億円へ

毎日王冠 予想 ◎エイシンアポロン

今年の毎日王冠のメンバーを見ると、3歳勢が3頭。
古馬の多くは、直接天皇賞に向かったりと、これを機に、毎日王冠がある意味、3歳勢の今後のステップレースになっていきそうだ。ま、これまで3歳の菊花賞と言えば、神戸新聞杯組が多数を締め、結果、神戸新聞杯から購入しとけば馬券的にはOKという状況が続き、かつ、レースの面白みからみっても、神戸新聞杯で見た組み合わせと同じ組み合わせで距離だけが未知数っていう、あまり面白みの欠ける秋3歳戦になっていた。

やはりクラシックにはピラミッド型の物語構造が必要で、かつてのプロレスのように前哨戦を積み重ねた上での激突こそが、ユーザーを引き付け、かつ物語も生まれやすいわけで。だから今年のように毎日王冠も菊花賞へのステップになるような、そんな流れもありはありなわけです。

と、ま、前置きが長くなったが、◎はエイシンアポロンでいく。

競馬予想TVで太組と同じ予想ってのがあれだが、重ならこの馬の得意ジャンルというのと、斤量差と馬場状態からして、前々で押しきれる馬が明日は有利と見た。

◯はアドマイヤメジャーで。

[PR]

# by tanaken_p | 2010-10-09 21:11 | 5000円→1億円へ

秋競馬、いよいよ本格化

スプリンターズSが終わり、いよいよ秋競馬が本格化ってところだ。

馬券を購入するには、やはりそれなりの時間を使っていないといけないなーと。
なかなかレース検討に時間を費やせるにまでいたっておらず、
馬券も控え気味だったりしている。

今週は毎日王冠に京都大賞典。

時間を見て、そろそろ馬券に復帰しようかと思ったりしてます。

[PR]

# by tanaken_p | 2010-10-07 21:08 | 5000円→1億円へ

京成杯オータムハンデ結果

京成杯オータムハンデキャップ 結果
1着(7)ファイアーフロート
2着(9)キョウエイストーム
3着(3)キョウエイアシュラ

a0037165_2326239.jpg


3連複 3・7・9 11,650円 × 100円 =>11,650円

[PR]

# by tanaken_p | 2010-09-12 23:26 | 5000円→1億円へ

プロキオンS 結果

a0037165_1558316.jpg

プロキオンS 結果
1着(16)ケイアイガーベラ
2着(8)サマーウインド 
3着(1)ナムラタイタン

三連単  8,930円×200円=17,860円(+15,860円)

ケイアイガーベラ強かった。
馬場も走りやすかったのだろう。1400までなら、まだまだ狙っていけそうだ。
人気になっていたグロリアスノアは、見えない疲れがあったのだろう。
久々の的中。今日の要因は、思い切って買い目を絞ったことだな、と。
特に最近、ダラダラと無駄な買い目を追加したり、弱気になったりしている傾向が強かったので。
いい形で、7年目に突入できそうだ。

[PR]

# by tanaken_p | 2010-07-11 16:01 | 5000円→1億円へ

プロキオンS 予想

早いもので、今回の七夕賞でこのブログも6年を終えた。
次週からは7年目に突入。過去の予想をちらほら振り返ってみると、まー、まだまだ青かったなぁと。6年前と今と比べれば、まだまだではあるが、当時と比べれはだいぶ進化した感じはある。

かつては堅いワイドや複勝でコツコツコロガシていった時期もあった。
キーンランドスワンに複勝1万円とか賭けて、+7000円の収支に持ち込んだりもした時期があった。しかし、いまの自分なら、まずこんな賭け方はしない。

リスク1万円で+7000円しか見込めないなら、金額少なくして、3連複、ワイド、3連単などローリスクハイリターンに持ち込んだほうがトクだからだ。

そんなわけで、ま、予想スタイルも当時と比べればだいぶ変わったと言えるだろう。

そんなわけで、明日はプロキオンSのみ購入したい。

◎ ケイアイガーベラ
◯ ナムラタイタン
注 ティアップワイルド

[PR]

# by tanaken_p | 2010-07-10 21:25 | 5000円→1億円へ

ラジオNIKKEI賞 予想

明日のラジオNIKKEI賞だが、ハンデ戦になってから混戦模様だ。
過去の連対馬を見ると、スクリーンヒーローだったり、ソングオブウインドだったりと、秋以降に本格化しそうな馬が2着に来ている。ってことは、将来性がありそうな馬を狙うのが手ではないか。

人気のトゥザグローリーは、評価を下げる。後ろからいく馬で、しかもダービー後だし、疲労だってあるだろう。それに小回りの福島で後ろから届くかどうかも危険だし、ダービーの結果を受けて、青葉賞自体の評価を見なおさなければならないと思っているからだ。つまりは、青葉賞は時計は一見すごいようにみえるが、実はあまりレベルは高くないレースだったのではないかってことっす。

んで、ま、本命はどれにするかってことになるが、
10番のセイリオスに狙いをつけたい。

前走6着で人気はないが、これは出遅れでぜんぜんレースになってないから度外視していい。かつてズブさを出していたようなタマモサポートをしっかりと追って着に持ってきた津村なら、断然鞍上強化だ。

ラジオNIKKEI賞 予想
◎ セイリオス
◯ クォークスター
注 アースガルド、ドリームカトラス

[PR]

# by tanaken_p | 2010-07-03 21:14 | 5000円→1億円へ

バーデンバーデンカップ&マーメイドS 予想

【バーデンバーデンカップ】
◎ テイエムカゲムシャ
ただ人気になっているので、馬券はオッズ次第でどうするか決める予定。

【マーメイドステークス】
◎ チェレブリタ

[PR]

# by tanaken_p | 2010-06-20 00:42 | 5000円→1億円へ

ダービー結果

ペルーサとヴィクトワールピサの2軸で、3連複と3連単を購入した。
ペルーサは思った以上に伸びなかった。ペルーサを見て思い出したのが、2年くらい前だったかに同じ藤沢厩舎で新馬をムチ入れずに圧勝した馬(名前忘れた)だった。

あのときも、次走で圧倒的人気になるも惨敗。
そのときにレースを見ていて感じたのが、初めてムチを入れられ激しく追われて、馬が逆にビクつき全く力を出せなかったことだ。前走馬なり圧勝で次も圧勝のケースはもちろんあるが、3歳春はまだ幼さが残るだけに、馬なり圧勝の次走は注意が必要だった。

ダービー結果
1着(1)エイシンフラッシュ
2着(8)ローズキングダム
3着(7)ヴィクトワールピサ

馬券はこちら。
a0037165_015951.jpg


それにしてもここ数年、特に牡馬はJRAやマスコミ、自分も含めた世間の思惑とはことごとく現実がクロスしていないなーと。事前煽りどおりの結果であれば、まだ今後につながる物語熱もできたものの、史上最強世代にはかわりはないだろうけれど、なんかいっきにトーンダウンした感がいなめない。

もうそろそろ番組体系を、抜本から見直す時期に来ているのだろう。

NHKマイルCは3歳ダートG1としてリニューアルし、秋もかつてのように菊花賞の時期を遅らせ、きっちりステップレースで徐々に盛り上がりを作れるようにして、有馬で古馬と3歳が激突する図式に戻した方がいいだろう。もしくは思い切って、ダービーだけはフルゲート30頭でやるとか。

とにもかくにもヘビー級(牡馬)が盛り上がらなければ、競馬は盛り上がってこないことは言うまでもないのだ。

[PR]

# by tanaken_p | 2010-05-31 00:19 | 5000円→1億円へ

ダービー予想

過去ダービーの映像や新聞を見直してみると、当たり前だがその世代で最も強い馬がキッチりと勝利を収めている。ってことは、強い馬を確実に抑えて馬券を買えばいいわけで。極端な穴探しは、このレースには禁物だろう。ここ数年、高配当が出ているが、それはあくまでも実力が拮抗していただけで、人気と実力の盲点になっていた馬が2、3着に絡んでいただけにすぎない。

◎はペルーサだ。

たとえ1番人気だろうと、軸としてはこの馬が一番だ。しかし明日のダービーは、馬券の点数を絞りに絞って集中した購入がベストだろう。ヴィクトワールピサは、強いことは強いが、ネオユニヴァース同様、ドヒャーッっていうような感じの強さというよりも、都会っぽい強さっていうか、イチローみたいな感じっていうか。将棋でくくるとしたら、大山康晴ではなく羽生って感じの馬なんだよなー。

馬券は2軸で相手は2頭。
アリゼオ、ローズキングダム。

3番人気のヒルノダムールは、展開が向かないような気がする。抑えても、少額にした方がベストだろう。

[PR]

# by tanaken_p | 2010-05-29 22:10 | 5000円→1億円へ

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************