コロガシ馬券 必殺一億円

<<ブログトップ  『コロガシ馬券 必殺一億円』 望愛するミラクルおじさんへ捧ぐ…

資本金の最終到達額100,000,000円を目指し、日々邁進中!

*****

<   2011年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

中山記念予想 ◎ミッキードリーム

◎ミッキードリーム
◯ヴィクトワールピサ
△その他4歳+リーチ

[PR]

by tanaken_p | 2011-02-27 09:55 | 5000円→1億円へ

フェブラリーS予想 ◎コスモファントム ◯フリオーソ

今年のフェブラリーSは、コスモファントムとフリオーソ、この2頭しかないと思うのだが、どうだろう。

もう1頭あげるとしたら、オーロマイスター。穴でおもしろいのがダノンカモン。人気のトランセンドを加えて、馬券はこの5頭に絞りたい。

[PR]

by tanaken_p | 2011-02-19 21:11 | 5000円→1億円へ

京都記念 予想 ◎ ヒルノダムール ◯ トゥザグローリー

ま、これだけ人気を集めていると、つい他の人気薄に目を向けたくなるが、ここは素直にヒルノダムールとトゥザグローリーを中心にした。

人気のトゥザグローリー頭3連単でも30倍以上のオッズがついているなら、むしろ2軸集中購入したほうが、リスク少なく楽しめる馬券となることだろう。

トゥザグローリーに関しては、有馬からのローテーで疲れが懸念されているが、その有馬もスローペースの前残り競馬。むしろ疲れよりも、ペースが早くなったときに前走ゆったりだったからペースの戸惑いがないかどうかが懸念事項になるはず。菊花賞馬ビッグウィークは、最大目標は天皇賞(春)だろうから、今回は阪神大賞典へ向けたやらずとみた。

んで、馬券の買い方だが、これが意外と悩まされる。

第15回アメリカ横断ウルトラクイズのドミニカ共和国の一戦にたとえるならば、馬券対象馬(回答者)に残っているのは、
オウケンブルースリ
トゥザグローリー
ビッグウィーク
ダノンシャンティ
メイショウベルーガ
ロードオブザリング
ヒルノダムール
の7頭。

この7頭をボックスで購入すれば、間違いなく的中するはずだが、元本割れは必死だ。そこで司会者の福沢ジャストミート明となって、次々と問題を出し、対象馬を消していくことにしよう。

福沢「今回はやりですか?やらずですか?」
福沢「前走G1も含めて二桁着順の馬が、馬券対象になったことはありますか?ありませんか?」
福沢「過去、G1勝ちのない牝馬が連に絡んだことはありますか?ありませんか?」
福沢「過去、よく連に絡む馬は何歳ですか?」
福沢「ジャンポケ産駒の京都成績はどうですか?」

次々と回答者正解を出し、ついに席に座るのは
・能勢(ヒルノダムール)
・平本(ロードオブザリング)
・大石(トゥザグローリー)
の3名となった。

3連単で購入するには、さらに馬券を絞らなければならない。そこで問題だ。

福沢「過去20年において、オープン勝ちのない馬が・・・はい、能勢さん!」
能勢「ステイゴールド!」
ブブー!
能勢「あ、マーブルチーフ!」
ブブー!
福沢「正解は、マックロウ」

そして、能勢(ヒルノダムール)と大石(トゥザグローリー)、まさかのこの2人の一騎打ちとなるのである。
果たしてどちらを3連単の頭にすべきだろうか?

福沢「問題。重馬場で行われた京都記念で・・・はい、大石さん!」
大石「シルクフェイマス!」
ブブー!
福沢「・・・正解はナリタセンチュリー。シルクフェイマスが勝った京都記念は良馬場でのレースでした。大石さんには、回答権が失われます・・・」
大石「・・・・」
福沢「正解すれば3連単の1着頭。能勢さん、いくよ」
能勢「はい」
福沢「春眠暁を覚えずで始まる漢詩を詠った唐の詩人は誰? はい、能勢さん!」
能勢「孟浩然!」
ピンポンピンポン!
福沢「能勢さん、勝ち抜け!」

となって、最後はヒルノダムールがトゥザグローリーを差し切るはずである。

1着ヒルノダムール
2着トゥザグローリー
3着ほか5頭
を今回の予想としたい。

[PR]

by tanaken_p | 2011-02-12 12:40 | 5000円→1億円へ

きさらぎ賞 結果

きさらぎ賞 結果
1着(6)トーセンラー
2着(7)リキサンマックス
3着(10)オルフェーヴル 

んで馬券の方は、
a0037165_23285553.jpg
a0037165_23284415.jpg

複勝 8.8倍×1000円 = 8800円
ワイド 6- 7 22.5倍×200円 = 4500円
ワイド 7-10 17.7倍×200円 = 3540円
3連複 6- 7-10 102倍×100円 = 10200円
3連単 6- 7-10 895倍×100円 = 89500円

合計投資 10,000円 => 116,540円(+106,540円)

[PR]

by tanaken_p | 2011-02-06 23:32 | 5000円→1億円へ

きさらぎ賞予想 ◎リキサンマックス

きさらぎ賞の過去には、ダービー馬がずらり並んでいる。
まだこの時期なのでクラシック候補の話題と直結しづらいものの、歴代の上位馬から今後のためにもしっかりと注目しておきたいレースだ。
野球で言うなら、中学生のリトルリーグ大会関西大会決勝みたいな。あなた(自分も含めて馬券を買う人)は、全国各地を転々としているスカウトのごとく、将来のスター候補を探すような心境で挑むレースと言えるだろう。

ディープインパクト産駒だったりハーツクライ産駒だったりが人気を分散させている中、今回はキングヘイロー産駒のリキサンマックスを◎にした。

母ビッグテンビーを遡っていけばモガミにたどり着く。

====================
モガミ(Wikiより)
モガミ(Mogami、1976年 - 2004年)はフランス生まれの競走馬である。父が名種牡馬リファール、牝系を辿っていけばフランスの名牝ラトロワンヌへと行き着く。競走馬としての実績は残せなかったが、種牡馬として大成した。シンボリ牧場の和田共弘と、メジロ牧場の北野豊吉の共同所有でフランスで走り、引退後に種牡馬として日本に輸入された。
====================

キミは、中学リトルリーグ関西大会で先発するあのピッチャーが気になり、ご両親へ挨拶に行ったとしよう。すると、地元で自動車修理工場を経営する両親が出てきて話を伺うと、ゲゲッ! なんと六大学野球で活躍した選手だったというではないか。

父親「いやぁ、あのときはね。同世代にスペシャルウィークやセイウンスカイがいてねぇ。ボクなんかは、ぜんぜん、そんな、そんな(笑)」
と控えめのオヤジさん。

父親「その後、女子バレー部でキャプテンをしていた女房に惚れましてね」

ええっ!オヤジさんが照れながら告白するには、お母さんはバレー部の名門八王子実践高校でキャプテンをなさっていたとか。

すべて妄想の話だが、リキサンマックスはそんな雰囲気の馬である。地味で目立たないながらも、血統の裏付けはあり、今後開花させそうな予感もある馬。単勝オッズ20倍台で複勝も4〜9倍なら、まさに今が目のつけどきである。

[PR]

by tanaken_p | 2011-02-05 10:45 | 5000円→1億円へ

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************