コロガシ馬券 必殺一億円

<<ブログトップ  『コロガシ馬券 必殺一億円』 望愛するミラクルおじさんへ捧ぐ…

資本金の最終到達額100,000,000円を目指し、日々邁進中!

*****

<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

フェブラリーS 結果

終わってみればエスポワールシチーの圧勝だった。サクセスブロッケン、テスタマッタにあの着差だから、国内で他の馬との勝負付けは終わった。

当時の馬場とは違うものの、エスポワールシチーの今日の勝ちタイムのさらに1秒先頭にクロフネがいるのだから、あらためてクロフネの武蔵野Sのすごさを感じたわけで。

んで、馬券はというと、今日は恥ずかしい結果に。

a0037165_2123859.jpg


【フェブラリーS結果】
三連複 3- 4- 6 1,160円
三連単 4- 3- 6 4,190円

エスポワールシチーの頭で、テスタマッタ、サクセスブロッケン、グロリアスノアの2、3着づけ、あるいは、グロリアスノアとテスタマッタの勝負付けは終わっていたのだから、エスポ1着固定で、テスタマッタ・サクセスの2・3着が今日はベストの買い方だった。

馬券の方は、非常に悔しい結果だった。

[PR]

by tanaken_p | 2010-02-21 21:05 | 5000円→1億円へ

フェブラリーS 予想

今年のフェブラリーSは、非常におもしろいメンバー構成になった。
芝路線からの馬が多数参戦。将棋の盤面にたとえるなら、過去の対局ではなかなか見受けられず、羽生がもし今年のフェブラリーSをじっと見つめるなら、非常に考えがいがある局面と言えるだろう。

長考の末手が震えだし、打つ手はどれか?

ってことで、芝路線の有力馬の取捨だが、過去に芝→ダートって馬はクロフネの例もあるが、リーチやローレルがクロフネ級かどうか? 惨敗組で言えば、スプリンターズSのマイネルラヴやヴィクトリー、キングヘイローなどの例もあり、いきなりのダートG1は果たしてどうでるのか?

判断材料に乏しいところではあるが、まず消せるのはスーパーホーネット。こちらは明らかに、局部不安の調整レースだ。いきなり芝で復帰戦を行ったら下手に人気を背負ってしまうため、ダートに出てきたと言えるだろう。

リーチザクラウン、レッドスパーダは、よくわからん。

ま、へんに狙うよりもここは定石の一手がベストだろう。

◎ エスポワールシチー
○ ワイルドワンダー
注 サクセスブロッケン、グロリアスノア、テスタマッタ

[PR]

by tanaken_p | 2010-02-21 02:38 | 5000円→1億円へ

ダイヤモンドステークス 予想

先週は馬券を購入せず。今週土曜も馬券は買わず、明日のダイヤモンドステークスは、少しだけ購入しようと思う。

ダイヤモンドステークスは、たとえるなら東京都マラソンみたいなものだろうか。市民マラソンで、有名マラソンランナーが特別ゲスト参加みたいな組み合わせだろう。つまり、フォゲッタブルが市民マラソンに参加するような位置づけ。

しかし、過去を見ると、有馬記念やAJCC、ステイヤーズSで結果を残した馬がゲスト参加し、市民ランナーに足下をすくわれるケースが目立つ。昨年のフローテーションしかり、ハイアーゲーム、グラスポジション、フサイチアウステル、アドマイヤフジなどなど。よくよく見てみれば、フォゲッタブルって、人気ほどの結果はこれまで見せてきていない。ってことは、いくら市民マラソンとは言え、適当にどうせ一般市民クラスのメンバーだろうと気を緩めれば、あっさりと高校生クラスに逆転されて負けるケースもありえる状況だ。

んで、何を狙っていくかだが、これも過去を見ると、やはり長距離血統が目について連に絡んでいる。逆に言えば、短い距離で結果を思うように出せない馬が、目立てる舞台とも言えるだろう。

◎ メイショウドンタク

11月の京都馬場悪で勝っているのも◎だ。

[PR]

by tanaken_p | 2010-02-13 21:08 | 5000円→1億円へ

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************