コロガシ馬券 必殺一億円

<<ブログトップ  『コロガシ馬券 必殺一億円』 望愛するミラクルおじさんへ捧ぐ…

資本金の最終到達額100,000,000円を目指し、日々邁進中!

*****

<   2009年 12月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東京大賞典予想 ◎サクセスブロッケン ◯ブルーラッド

現在の東京大賞典オッズは、以下。

13 ヴァーミリアン 2.6
14 サクセスブロッケン 3.5
04 ゴールデンチケット 4.6
02 セレン 6.8
10 フリオーソ 9.8
03 ロールオブザダイス 12.2
01 ブルーラッド 15.9

3連複 4-13-14:3.8倍
3連単 13→14→4:14.5倍

うち、オッズ妙味があるのは、ブルーラッドだろう。浦和記念でルースリンドやテスタマッタを一蹴。実力からしたら、セレンやフリオーソとオッズほどの開きはないように思う。三連単の紐で抑えたい。

[PR]

by tanaken_p | 2009-12-29 01:50 | 5000円→1億円へ

有馬記念 結果

まずは有馬記念の結果から。

1着(9)ドリームジャーニー
2着(2)ブエナビスタ  
3着(6)エアシェイディ

んで馬券はというと、

a0037165_20514890.jpg

3連複 5,460円的中
3連単 18,890円的中

直前でミヤギランベリよりエアシェイディに展開有利とみてスイッチ。
これが正解だった。

最終コーナーで、シャドウゲイトがバツグンの手ごたえで先頭に立ち、マツリダゴッホと併せ馬で直線に入ったときは、いい夢をみさせてもらった。

それにしてもアンライバルドは、しばらく浮上する気配がみあたらないなと。
このままいくと、世代最強馬と言われたマルカシェンクのようなポジションになってしまうかもしれん。復活するとしたら、阪神大賞典か春天か。実力はブエナと同じくらいあるのだから、もう少し追いかけた方がよいだろう。

[PR]

by tanaken_p | 2009-12-27 20:57 | 5000円→1億円へ

有馬記念予想 シャドウゲイトに爆弾注!

まだ当日ギリギリまで検討する予定だが、いまのところ
アンライバルド
ブエナビスタ
ミヤギランベリ
リーチザクラウン
ドリームジャーニー
セイウンワンダー
そして
シャドウゲイト
まで絞った。

あとは、馬券の点数をどう絞り込むかだが、これは土壇場まで決めたい。
今年、最大の惑星馬になりそうなのがシャドウゲイトだろう。

もし昨年アドマイヤモナークの再現をするなら、この馬だ。

[PR]

by tanaken_p | 2009-12-27 00:43 | 5000円→1億円へ

今年は有馬記念よりも東京大賞典で勝負だ

有馬記念の枠順が出た。どれもこれも、非常にむずかしいメンツだ。
いちおう有馬記念は現地で購入する予定だが、今年は、有馬はあまり投資せず、むしろ東京大賞典へ資金を回した方がいいように思う。

有馬の予想は、これからじっくり検討して、予想は競馬予想TV後にアップします。

[PR]

by tanaken_p | 2009-12-26 10:45 | 5000円→1億円へ

阪神ジュベナイル結果

まずは馬券の方から。

a0037165_1818667.jpg
シンメイフジとタガノガルーダから購入して撃沈。

それにしても、岩田の不調ぶりはかなり重い。このレースをきっかけにスランプ脱出かと思っていたが、結局シンメイフジは外を回して、どうにか5着にきた感じだったが、そのシンメイフジよりも外枠のアパパネが内をついて、なぜシンメイフジは内をつけなかったのかが疑問だ。やはりこのあたりに、岩田の不調ぶりがあるのかもしれない。

ま、今日はレースの力関係が見えていなかったというか、アニメイトバイオに目をつけていながらも、つかむことができずだった。ま、仕方なしってところだ。

[PR]

by tanaken_p | 2009-12-13 18:22 | 5000円→1億円へ

阪神ジュベナイル予想 ◎タガノガルーダ ◯シンメイフジ 注カスクドール

今年の2歳牝馬戦、前哨戦で一番強いレースだったのは11月29日京都の白菊賞だと思っている。1着だったアグネスワルツは断然強い。2歳牝馬世代は、この馬が中心となって来年もひっぱっていくのだろうと思っていた。が、指骨の剥離骨折で放牧へ。来年には復帰してくるだろうから、そのときにはぜひ抑えたい。

んで、本命だが、同レース4着だったタガノガルーダにした。
本当はアニメイトバイオを軸にしようか迷ったが、競馬予想TVでのヒロシ評価で距離が長い等のコメントがあり、あーそうかもしれないが、そうとも言い切れないような気もするが、とか悩み、新種牡馬のゼンノロブロイだし、来るのじゃないかなーとか思ったりもしていて、いちおう抑えまでにした。

んで、本当なら◯シンメイフジは消そうかまで思っていたが、さっきスミヨン騎乗停止で有馬のアンライバルドの騎乗不可ニュースを見て、気が変わった。

もともと有馬記念はアンライバルドでいこうと思っていた。岩田もこのところまったく騎乗で存在感示せてないし、まさに有馬は岩田×アンライバルドで決まりだろうと思っていた。しかし、スミヨンに乗り替わりで、アンライバルドの取捨をどうしようかと思い始めていたところでこのニュース。すなわち、運気というのは円で考えた場合、あきらかに岩田はここ数カ月不調だけれど、岩田の実力であればいずれ調子を取り戻し復活するはずであり、それが有馬記念でのアンライバルドであると思っていたわけである。

んで、復活するには調子を取り戻すきっかけが必要なわけで、まさにこのスミヨンの有馬不出走がそれに該当するのではないか。あとは岩田が、プライドとかそんなのは捨てて、一度降ろされたとしても再び騎乗を引き受けるかどうかだろう。エージェントの動きだったり、オーナーの意志だったりもあるだろうが。であるなら、明日のシンメイフジは、消しではなく買いである。

あと、注のカスクドールだが、体重がプラスになっていれば、◎にしたかったくらいだ。スタミナが要求されるレースになり、最後全馬バテバテになったときに、3着あたりに残っていればいいかなーと。

[PR]

by tanaken_p | 2009-12-12 22:06 | 5000円→1億円へ

JCD回顧。エスポワールシチーは、ダートのサイレンススズカなのか。

まずは結果から。

1着(1)エスポワールシチー
2着(12)シルクメビウス 
3着(9)ゴールデンチケット

レースは、予想通りエスポワールシチーの逃げ。ラップは下記。馬場差もあるが、去年と比較してみた。

▽今年
12.5 - 11.1 - 12.7 - 12.5 - 11.9 - 12.1 - 12.4 - 11.8 - 12.9
▽去年
12.4 - 11.2 - 13.1 - 11.7 - 11.8 - 12.4 - 12.0 - 12.1 - 12.5

まさにマイペースで逃げて、さらに最後で人伸びしそのまま3馬身半押し切った形だ。レース前、ヴァーミリアン世代か、エスポワールシチー世代か、それとも3歳世代か、どの世代が主役になるのか注目していたが、終わってみればエスポワールシチーの圧勝。スクールウォーズでいうならば、まだまだドラマは森田が圭子と出会ってゴニョゴニョとかそのあたりで、主役は森田で大木は将来の主役だが今のところはサブってところになるのだろうか。視聴率の観点から今日のレースを見れば、「大木(3歳世代)ではまだキャラが確立されていない。大木のキャラがしっかりとしてくるまでは、森田(4歳世代)で番組を盛り上げていくのがベストだろう」とそんな感じか(=競馬八百長っていう意味ってわけじゃなく)。

それにしてもエスポワールシチーは強かった。このまま成長していけば、ダート界のサイレンススズカになる可能性も秘めているのではないだろうか。そして3歳世代だが、斤量56キロで展開がめぐまれたとはいえ、2・3着確保は、やはり強い世代であることは間違いないだろう。来年のフェブラリーSでは、さらに力をつけてくるだろうから、まさにダート路線はヴァーミリアンやカネヒキリの世代が終わりを告げ、新しい時代に突入したと言うことだろう。

んで馬券の方だが、こちら。

a0037165_1745897.jpg

3連複 32,660円 的中

最後に日和って、3連単にヴァーミリアンを選んでしまったが3連複は確保。有馬への資金を作ることができた。

[PR]

by tanaken_p | 2009-12-06 17:47 | 5000円→1億円へ

ジャパンカップダート 予想 ◎ゴールデンチケット ◯シルクメビウス

明日のジャパンカップダートは、3歳世代をとるか、それ以外の世代を評価するかになりそうだが、今回は展開面から3歳世代を中心にした。
エスポワールシチーにアドマイヤスバル、ティズウェイ、スーニなどなど、前々に行く馬が揃った。ということは、ペースは断然早くなりそう。その場合、ゴールデンチケットは前々に行くから逆に不利になりそうな気もするのだが、人気のない馬に外国人騎手がが鞍上したときって、末脚勝負に持ち込むよりも、どっちにしろ人気がないのだから早めに先行して直線で早めに仕掛けて粘り込ませるっていう展開がなんとなく多いような気がする(ほんと、気がするてだけだが)。実力面でも、人気ほど低いとは思ってないし。

そういうわけで、
◎ゴールデンチケット
◯シルクメビウス

[PR]

by tanaken_p | 2009-12-05 21:54 | 5000円→1億円へ

ジャパンカップダート枠順決定

ジャパンカップダートの枠順が決定した。

日刊ゲンダイで、今年のダート路線でいかに3歳世代が強力か、の記事があった。連対率4割弱。まさに今年のジャパンカップダートは、スクールウォーズで例えるなら、水原世代=ヴァーミリアン、森田世代=エスポワールシチー、大木世代=3歳勢って感じかもしれない。(ラグビーの実力っていうよりスクールウォーズのドラマの魅力を各世代の実力に置き換えたと仮定して、ってわかりにくいか)。

水原と滝沢先生がガツガツやりあっててなんか水原が凶暴そうなイメージがあったあとに、「ダービーどんじりで悔しくないのか!」「悔しぃです!(サクセスブロッケン)」で、川浜イチの悪=3歳世代みたいな。って余計わかりにくくなってそうな気も。

つまり、今年のジャパンカップダートって、かつて学校の廊下をバイクで乗り回していたヴァーミリアンが古馬になって大人になり落ち着ききっちりと実力を出すようになったのに対して、3歳世代は川浜高校に入学したての大木っていうか、とりあえず暴れる!って感じのような気がする。そんな中で、どの世代が存在感を一番示せるかになるわけだが、森田世代のエスポワールシチーが川浜高校のキャプテンらしく大木をたしなめるのか、それとも大木がいきなりラグビーボールにナイフを突き刺して(エスポワールシチーを差し切って)視聴率をかせぐのかが見どころになるのではないだろうか。でいくと、イソップの登場は来年あたりになりそうな気がするが。

そんなわけで、今週も少額投資で見るレースにしようかと思っている。

[PR]

by tanaken_p | 2009-12-03 21:56 | 5000円→1億円へ

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************