コロガシ馬券 必殺一億円

<<ブログトップ  『コロガシ馬券 必殺一億円』 望愛するミラクルおじさんへ捧ぐ…

資本金の最終到達額100,000,000円を目指し、日々邁進中!

*****

<   2009年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

東京10R ジャパンカップ ◎スクリーンヒーロー ○レッドディザイア

明日のジャパンカップは、絞って4頭。
ウオッカ、レッドディザイア、コンデュイット、スクリーンヒーロー。

その中でも軸で一番固いのはスクリーンヒーローだろう。ただ連覇はどうだろうか。ウォッカは、前走の天皇賞(秋)で最後の直線、スクリーンヒーローを交わせなかったのがやはり気になる。2400mを勝ったのは2年前のダービー
で以後2000m以下のレースでしか勝利はあげれていない。

なので可能性があるとしたらレッドディザイアかコンデュイットになるのではないだろうか。

[PR]

by tanaken_p | 2009-11-28 20:57 | 5000円→1億円へ

京都11R 京阪杯予想 ◎エイシンタイガー ○ソルジャーズソング

ジャパンカップではロジユニが直前回避。まさかこのまま引退はないよなーと思いつつ、京都11R京阪杯の予想にいきたい。

展開はアルティマトゥーレやセブンシークィーンが逃げるかたちになるだろう。ダッシュ力ではアルティマの方が上だろうから、そのまま行ききってしまうかもしれない。

いちおうアルティマは抑えておくとして、注目したいのはソルジャーズソングの方。
ここ最近の惨敗は、小回りや中山コースで、本来の差しきる脚がつかえなかったことも原因だろう。

[PR]

by tanaken_p | 2009-11-28 01:25 | 5000円→1億円へ

マイルカップ 予想追加

人気薄の逃げ、和田、京都。
マイネルファルケも追加したい。

[PR]

by tanaken_p | 2009-11-22 11:07 | 5000円→1億円へ

マイルカップ 予想 ◎アブソリュート ○フィフスペトル

有馬記念まで大きな勝負をするつもりはない。
いまはじっと、有馬記念まで資本金を貯めておくのみ。

そんなわけでマイルカップも馬券購入は控えるか、買ったとしても少額程度に抑える予定。

んで、予想は
◎アブソリュート
○フィフスペトル

アブソリュートはイメージではハットトリックのような、そんな位置づけ。雨降ったら、いっきに人気になりそうだなー。
フィフスペトルは、騎手が魅力。マイルがピッタリ合いそうな気がしている。

[PR]

by tanaken_p | 2009-11-21 19:20 | 5000円→1億円へ

エリザベス女王杯 結果

今日は、もう大反省会をするしかない。
ブエナビスタどうのこうのではなく、馬券を買いに行かなかったことに対してだ。

購入したとしても、テイエムプリキュアを抑えられていたかどうかは微妙だが。
あと、クイーンスプマンテの1着固定は難しかっただろうな、と。

ま、来週のマイルCも今のところは見るレースにしようかと思ってる。
もうしばし放牧予定。

[PR]

by tanaken_p | 2009-11-15 16:22 | 5000円→1億円へ

放牧中

もしかしたら、有馬記念に直行するかもしれん。
それまで馬券の資金を、コツコツためて、放牧する予定。

なので、今週のエリザベスは見るレースにするつもりです。

[PR]

by tanaken_p | 2009-11-14 00:31 | 5000円→1億円へ

武蔵野ステークス 予想 ◎シルクメビウス

なんだかんだと、また競馬の土日がやってきたわけで。今週は土日とも見るレースで放牧しようかと思ったが、武蔵野ステークスのメンツを見て、これは馬券的にもおもしろいかもと思い、予想をすることにした。

その武蔵野ステークスって、たしか前は天皇賞(秋)の前日に行われていたような。アグネスデジタルの出走でクロフネが秋天除外になり、「え〜ダートで走んの? それにしてもアグネスデジタルが秋天出走って、場が読めてねーよな」とか思ってウインズのモニター見ていたが、武蔵野Sのレース後に即座に知り合いに電話をかけ、かつ翌日にアグネスデジタルがテイエムオペラオーを力で粉砕。「もしアグネスデジタルが天皇賞へ出走していなかったらクロフネの武蔵野Sはなかった」と思いながら、天皇賞の帰り道にこの土日に起きた2日間の出来事に、なんだか運命のようなものを感じた記憶がある。

で、気がついたら武蔵野Sって、天皇賞の翌週に開催日が移動になっていたんだね。最近だと、ダート路線のメンバーが充実しているから、そのうち、アルゼンチンが前みたいに土曜開催で、武蔵野Sが日曜のメインになってしまうかもなーと。

んで、今年の武蔵野Sだが、非常にいいメンバーが揃ったと思う。図式としては、
サクセスブロッケンを中心とした4歳世代
 VS
テスタマッタ・トランセンド・シルクメビウス・ラヴェリータの3歳世代
となった。

で、馬券の方は、シルクメビウスから入ろうかと思う。JDダービーでテスタマッタの2馬身で斤量2キロ差。しかも、前走は出遅れ降着だから、まったくの度外視でいい。オッズ3連単であとはどれくらいつくかだが、マルチでいこうとすると、5頭だと60点になるんで4頭にしたいと思っているが、となると、脱落するのはマチカネニホンバレなんだよなー。ただ、1600が負けなしなんで、この辺が取捨にすごく迷うところ。

最終的にはオッズを見ながら決めようかとは思っているが。

[PR]

by tanaken_p | 2009-11-06 21:28 | 5000円→1億円へ

天皇賞(秋) 結果

今日の馬券は完敗だった。毎日王冠よりもオールカマーの方を中心視。馬券は、(10)シンゲン・(12)ドリームジャーニーの1頭軸で、(2)スクリーンヒーロー(3)カンパニー(7)ウオッカ(11)スマイルジャック(17)エイシンデピュティをプラスして購入した。

a0037165_20584973.jpg

それにしても8歳馬(旧9歳馬)か〜。かつてサイレンススズカが、いよいよ天皇賞へ挑むっていうときに、「これはとんでもないレコードが出るんじゃないのか、この馬なら東京2000mを1分58秒台を切るスーパーレコードが記録されるんじゃないのか」とか思ったりもしたが、8歳馬が1分57秒2ですか。去年のダイワスカーレット・ウオッカと同タイムですか。なんか、いろいろと考えさせられるな〜と。カンパニーは、タップダンスシチーを超える晩成馬というよりも、いままでコツコツとレースを積み重ねてきて、8歳にしてようやくその努力が開花したという感じだ。

かつては福永が騎乗し、逃げに徹してみたり、ゲート難から後ろから追い込みをみせたり。しかし、いずれも上がりはすばらしい脚を持っており、前走の毎日王冠で中団からの差しというレースを覚え、それで今日の勝利となったといえるだろう。毎回、上がり一番時計を出している馬に、中団からの好位差しを覚えられたら、それはもう圧勝だろう。たまたま今、青木雄二の本を読んでいるが、『ナニワ金融道』の作者青木雄二は、漫画家になるには10〜20代が主流でそれ以外は相手にもしてもらえないというマンガ世界において、40歳で才能を開花させた。キャバクラやパチンコやなど40種以上の職業を経験し、自らデザイン会社を経営しながら資金と経営の仕組みに苦労させられ、まさにすべての過程が結晶したのが『ナニワ金融道』であった。

カンパニーと青木雄二がそっくりそのままクロスするってわけではないが、やはりカンパニーの今日の勝利は、これまでレースぶりを試行錯誤繰り返しながら積み重ねてきた結果だろう。おめでとう。

んで、ウオッカについてだが、確かに直線前が壁になって出られなかった。これはまさに安田記念と同じ展開。武豊は2度同じ過ちを繰り返したことになる。これは非常に悔しいだろう。しかしだ。それでもなお、今日のウオッカのレースぶりをみて、かつてのエアグルーヴのように、やはり衰えを感じざるを得なかった。

前が開いたときの抜け出し方は確かにウオッカの強さはあったものの、スクリーンヒーローを差し切れなかったところに、次走JCへ一抹の不安が残る。

ま、今日の馬券は仕方がない。ウオッカ同様、勝ち運の流れを戻すために、来週からなんか施策を試みよう。ちょうどG1は1週休みだし。

んでは、また来週。

[PR]

by tanaken_p | 2009-11-01 21:30 | 5000円→1億円へ

天皇賞(秋)予想 ◎シンゲン ○ドリームジャーニー

「馬三郎」日曜版で連載している近藤利一オーナー「首領の啓示」は好きで毎週読んでいるが、今回の菊花賞回顧はいかがなものか? 要約すると、菊花賞の距離を短縮しろっていうことになるんだけど。その理由として、3歳馬に3000mの距離はどうなのか? 菊花賞馬のその後の活躍しなさ、距離短縮した方が面白いレースになるし、馬の成長もうながせるというが。

ま、前々から菊花賞の見直しについては、話はあるようだが、競馬をもっと面白くしたいなら三冠の距離体系を
・皐月賞 1200m
・ダービー 2400m
・NHKマイル ダート1600m
・菊花賞 3000m
くらいの大胆な改革してもらいたいんだけど。やっぱ最強馬というのは、どんな条件でもあらゆる不安要素を克服して絶対的な勝利を収める、これだと思うんだよね。

ま、それはいいとして、メンツ見ると、アンライバルドはこっちに回ってきてほしかったなーと。んで、印は、
◎ シンゲン
○ ドリームジャーニー
△ ウオッカ
でいこうと思う。
シンゲンについては言うまでもないが、ウオッカについてはいろいろなところで不安視の声が聞かれる。たとえば、坂井千明元騎手のブログ。今回ウオッカは、JCへ向けての叩きという話もあったりする。

ウオッカ、どうなんだろ。劣化し始めているのか? それともたんなる憶測なのか? 調教も舌を出して走っていたし。いったいウオッカに何が起きているんだ? 前走の毎日王冠なんて、途中12秒台連発のラク逃げなのに、カンパニーに差されたのは、ディープスカイやダイワスカーレットが引退して気が抜けてしまったのか?

ま、だいたいこういう恐慌ビジネスっぽい不安の煽りは、あっさりとレースで一蹴されてしまったりするんだが、それでも1番人気。自分もウオッカは3着もある、もしかしたら着外も・・・を想定して馬券を購入したい。

○のドリームジャーニーは、馬がいよいよ充実期に入ってきた感じがする。去年の安田に天皇賞秋は外枠過ぎた。今回の枠順なら、スムーズな位置取りができるのでは。

ほか3着候補には、エイシンデピュティ、スクリーンヒーロー、アドマイヤフジあたりを。

[PR]

by tanaken_p | 2009-11-01 02:02 | 5000円→1億円へ

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************