コロガシ馬券 必殺一億円

<<ブログトップ  『コロガシ馬券 必殺一億円』 望愛するミラクルおじさんへ捧ぐ…

資本金の最終到達額100,000,000円を目指し、日々邁進中!

*****

<   2009年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

フローラS 結果

ここ1ヶ月の投資額を反省して、今日はPATでちょい購入。

a0037165_15531833.gif

1着(16)ディアジーナ
2着(12)ワイドサファイア
3着(15)ハシッテホシーノ
4着(3)アイアムネオ
5着(4)エオリアンハープ
って結果に。

馬券のほうは、ハシッテホシーノとミクロコスモスは消し。ミクロコスモスは、レース途中で頭を上げていたから、やはり馬ごみは苦手なのだろう。

ハシッテホシーノは強くはないが、弱くはない程度の実力と認識。2年後あたりに、ヴィクトリアマイルに出てきたらおもしろいかも。オークスは、桜花賞組から勝っておけば問題なさそうだ。

以前と同じように、1日3000円として、土日分の残金は来週へと繰り越しにしたい。

[PR]

by tanaken_p | 2009-04-26 15:55 | 5000円→1億円へ

ハシッテホシーノ? フローラS 予想

明日のフローラSの予想。

◎ ピースオブラック
○ アイアムネオ

ミクロコスモス、ワイドサファイア、ハシッテホシーノで人気が割れている。本来なら、ミクロコスモスがもっと人気になってもよさそうだが。前走のラップをみると、まったくのスローの上がり勝負。これは、武豊がもっとも得意とするパターンだろうし、阪神2歳JFみれば、ミクロコスモスにとってもぴったりの流れだったはずだ。

それなのに、なぜ直線伸びきれなかったか。レース後のコメントでも、武は首をかしげているようだが。

注目なのが、2走前。東京でのクイーンCでのレースだ。
1番人気になりながら、直線詰まって4着。馬はデリケートだ。以前、騎手だったか調教師だったかのインタビューで、レース中にふとしたアクシデントで、有力馬がまったく走らなくなることもあると言っていた。だとするならば、思うに、ミクロコスモスの前走は、クイーンCでの直線壁のトラウマが、まだ内面に残っていると取れるのではないか。

ミクロコスモスは、明日は、極端に後ろに下げ、直線外に出すレースか、それとも前にいくレースのいずれかを試みるのではないか。もし馬群に入ったら、力を出し切れない可能性が高い。そのことは鞍上も分かっているはずだ。

レースは、ピースエンブレムが逃げれば、前半早め、中盤ペースが落ち、後半ラップが上がって、最後はスタミナが要求されるだろう。牡馬相手に早めのペースも体験している、ピースオブラックは軽視できないと思われる。

相手は、アイアムネオを抜擢。前走は馬場。体重マイナス10キロで休み明けは度外視していい。

ハシッテホシーノは、休み明け。過去10年、3ヶ月休み入れた馬の連対はなく、他の馬に手をまわしたい。

[PR]

by tanaken_p | 2009-04-25 23:33 | 5000円→1億円へ

皐月賞回顧とハシッテホシーノ

皐月賞から開けて、ようやく精神的なダメージが少しずつ癒えてきた。

馬券を負けた時のいつもとは違ったこのショックはなんだったのだろうと、あれこれ考えていた。

1つは、大多数の予想と同じく大衆の心理状況に自分も陥っていたこと。もし仮に外していたとしても、ロジユニは絶対こない!着外の恐れがある!等々、疑問の声をあげられていれば、また気持ち面でも違ったはず。

2つ目は、横山がいよいよダービー獲るのかと、まだ皐月賞も終わってないのに、そんな順当なドラマを勝手に妄想していたことだ。

今週、ほしのあきのハシッテホシーノが出る。ここで勝って、オークスでブエナビスタと激突すれば、話題も盛り上がりひとつのドラマになるだろう。その裏には、様々な思惑も絡んでいそうだ。しかし、皐月賞でロジユニが惨敗したように、現実のドラマはまた違った形で展開する。

ハシッテホシーノは実力あるから勝ち負けだろうが、そう簡単に思惑通りにドラマは進んで行くのだろうか。もちろん、別な馬に目を向けた方が得策だろう。アイアムネオあたりに注目したい。

[PR]

by tanaken_p | 2009-04-21 00:50 | 5000円→1億円へ

皐月賞 結果

まずは馬券から。

a0037165_21205937.jpg

3強のうち、一角は崩れても2頭はくると思っていた。馬体重発表で、ロジのマイナス10キロは、明らかに不安要素があった。木曜日の発表から、わずか数日で馬体の大幅減は、体調面での問題があったと読み取ることはできた。

が、それでも堅いと思ったのは、他の馬との力関係は決していると思っていたから。正直、3強にそのまま過信して馬券を購入した自分にがっかりしている。リーチも、あそこまで惨敗すると思わなかった。そのリーチについて、武のコメント。

13着 リーチザクラウン(武豊騎手)
「描いていた最悪の展開になってしまいました。短い距離で逃げるなら折り合いがつくんですけどね。これで見ていた人も分かると思いますが、長い距離は向かないですよ」

聞いた記者の編集も入っているようだが、このコメントはいただけない。こういうファンを無視するようなコメントをする場合、その後、勝負運から見放されたりもする。NHKマイルで武の馬が人気になるかもしれないが、今年の武のG1戦線は、割り引いて考えた方がいいかもしれない。


とにかく、ここ数週間は、馬券購入額が増えていたので反省し、来週からは今年年初から始めていた1日3000円の資本額で上乗せ型の買い方に戻そうと思う。今日のマイナス結果は、自分にとってお灸というか、そんな感じの受け止め方をしたい。

[PR]

by tanaken_p | 2009-04-19 21:25 | 5000円→1億円へ

皐月賞 予想

昨日までは、三強ボックスで、あとはどれだけ金額をベットできるかのレースだと思っていた。ラップを見ても、ロジ、リーチ、アンライは他の馬よりも抜けている。明日は馬場・良で、ラップを道中12秒台~前半くらいで推移。中盤12秒中くらいまで緩むかもしれないが、後半から11秒台に入り、スタミナ勝負になるだろう。

もし仮に、川田のゴールデンチケットやミッキーペトラ、サトノロマネあたりが前に前半いけたとしても、後半から早い流れになったとき、果たしてついてけるかどうか。

やはりすんなりと三強を狙っていったほうがよさそうだ。

もし、一角が崩れるとしたら、前走で力を出し切れなかった馬を狙うのがよさそうだ。でいくと、リクエストソング、フィフスペトル、セイウンワンダーになる。特にセイウンワンダーは当初ばっさり切るつもりでいたが、弥生賞のパトロールビデオを見ると、最後の直線強く追っているようには思えない。

おそらく朝日杯前のケガもあったことで、弥生賞はたたき台と割り切ったレースに徹したのだろう。あとはどう馬券を買うか。買い方にすごく悩まされる。

[PR]

by tanaken_p | 2009-04-18 22:25 | 5000円→1億円へ

ややこし事するな!JRA! 桜花賞結果

ブエナビスタ強かった。これでオークスも、人気一本かぶりだろう。ただ、ダンスインザムードの例もある。あのとき、エイトの吉田均が見出しに「競馬に絶対はないが、ダンスインザムードに絶対はある!」と書き、結果4着。吉田均を責めることはできない。日刊ゲンダイの記者も「木曜日の追い切りで、フケらしき兆候があった」と気づいていながらも「しかし問題はない」としていた。ダービーにいっても面白いかとは思うが、リーチやアンライとは勝負付けが済んだと見ている以上、ダービーでの逆転は厳しいように思う。

で、桜花賞の馬券の方だが。JRAには、ややこしいことするな!と腹立たしい気分にさせられた。

a0037165_1749942.jpg

1着(9)ブエナビスタ  
2着(18)レッドディザイア
3着(15)ジェルミナル

3連複 9-15-18 2,480×100=2,480円
3連単 9-18-15 5,680×200=11,360円

馬券購入時、18番がエラーで戻って来たところで、阪神11Rにマークしていたことに気がついた。もし、阪神11Rが18頭だてだったら、そのまま購入していたところだった。

なんでこんなややこしいことするのだろう? 売り上げをあげるために、はくばをやってんだろうが、なら阪神11R桜花賞にして、中山のメインを10Rにすればいいんじゃねーの? 融通聞かない会社だね。

そんなわけで、皐月賞はロジユニ×リーチ×アンライで、アンライ頭にしようかと考えている。これって、「ギャンブラーの誤謬」ってやつで、直接因果関係はないのに、脳裏にセイウン×スペ×キングヘイローのことがあり、それでかってにキングヘイロー=アンライにしてしまっているわけ。

まだ時間あるので、じっくり検討していきたい。

[PR]

by tanaken_p | 2009-04-12 17:56 | 5000円→1億円へ

桜花賞 予想

予想通りブエナビスタの一本かぶりの人気となった。もし脚元をすくうなら、前にいく馬かと展開を予想。過去のラップタイムを比較してみた。

逃げ宣言はヴィーヴァヴォドカで、新聞によっては、この馬の未勝利戦の勝ち時計を評価し穴にしているところもあった。しかし、過去10年を見渡しても逃げ残った馬は、アズマサンダースの4着しかなく、その前はキョウエイマーチがいたが、そのレベルにあるかは微妙だ。それに気になるのが、評価の高い未勝利戦のラップ。さずがに前半から中盤は好タイムを出してはいるが、後半上がり3ハロンは12秒後半と、バテている。明日はすんなり逃げれるだろうが、後半から怒濤に各馬が押し寄せる中、持続する足が相当ないと逃げ馬には厳しい展開になるだろう。

逆に前にいく馬で抑えようと思っているのが、ショウナンカッサイ。ききょうSも長くいい脚を使っており、阪神JFでも前崩れの中、4着に残っている。サクラミモザよりも、先行馬で狙うならショウナンカッサイの方がいい。

印の方は、◎はブエナビスタで逆らえないが、○にはルージュバンブーを抜擢したい。

チューリップ賞のパトロールビデオを見るとよくわかるが、直線で前があかずに、ようやく空いたところで追い出し、そこからの伸びはかなりいい脚を使っている。同じく、チューリップ賞5着のジェルミナルも抑えておきたい。

この馬もチューリップ賞最後の直線で、窮屈な馬群を割って伸びてきたのは評価に値する。何より、ごちゃついてもひるまない力強さがいい。特に牝馬は繊細だし、3歳の牝馬戦はごちゃつく傾向もあったりする。だからこそ、外に出した馬が、内でごちゃごちゃして走る気をなくした牝馬を交わしていけるのだろう。ジェルミナルの勝負根性はかなり高い。

最内枠に入ったダノンベルベールは抑えまで。人気がないので、レディルージュも抑えておこうかと思う。


◎ ブエナビスタ
○ ルージュバンブー
△ ジェルミナル、ダノンベルベール
注 ショウナンカッサイ、レディルージュ

[PR]

by tanaken_p | 2009-04-12 00:10 | 5000円→1億円へ

ブエナビスタ、確かに強いが・・・

桜花賞の枠順が決定した。断然人気になるブエナビスタ。もちろん弱いわけではない。ただし!絶対過信はちょい危険な気がして来た。

前走のチューリップ賞のラップをみると、レベルが高いとは言いがたい内容だ。過去10年を見ても、勝ちタイムは平凡。いや、むしろ低レベルに属する。馬場差があるから、一概には言えないが、それでも桜花賞は全然違ったペースになることは過去10年の桜花賞とチューリップ賞のラップを比較すれば一目瞭然だ。

対戦相手を考えたら、ブエナビスタは切れない。はやいラップになれば、ブエナビスタに展開有利になるだろう。逆にサクラミモザは評価を落とした方がよさそうな気もしている。狙うなら、ここは定石通り前よりも差し。各馬が一斉にしかけるなか、ワンテンポおくらせた差し馬が、ブエナビスタの後ろに来る。そんな展開を想像している。

アンプレショニストに、いま目をつけている。

[PR]

by tanaken_p | 2009-04-10 02:23 | 5000円→1億円へ

ダービー卿と大阪杯の結果

流れをつかむために、気晴らしに音楽を聴いたり、人によっては違う土地に行ったりする。

a0037165_17224611.jpg

a0037165_17225666.jpg


大阪杯の方は−3000円で、ダービー卿の方は、回収額18万ちょいでトータル-9万円ほど。ダービー卿の過去10年のラップを見ると、瞬発力がないと厳しいレースになる傾向があるから、ショウワモダンもタケミカヅチも展開が合わないと思ったんだけど。

今日の馬券で、いったんリセットができた。来週から気持ちを切り替えて馬券に挑めそうだ。

[PR]

by tanaken_p | 2009-04-05 17:25 | 5000円→1億円へ

ダービー卿と大阪杯

ダービー卿。ぶっこむ予定でいる。ショウワモダン、タケミカヅチには不安材料ありと見てぶっこめる要素が高いのだが、逆に怖いのがリザーブカード、レッツゴーキリシマ。この2頭が来なければ、明日はぶっこみにもっていける率がより高まってくる。

とりがみを想定しながら、損失をいくらまで抑えられるか。リザーブカード、レッツゴーキリシマが、最大限に立ちはだかっている。

逆に大阪杯の方は、ヴィクトリーの逃げ残り濃厚。ダービー卿とどう切り分けて馬券を買うか、より検討が必要なところだ。

[PR]

by tanaken_p | 2009-04-05 02:00 | 5000円→1億円へ

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************