コロガシ馬券 必殺一億円

<<ブログトップ  『コロガシ馬券 必殺一億円』 望愛するミラクルおじさんへ捧ぐ…

資本金の最終到達額100,000,000円を目指し、日々邁進中!

*****

<   2006年 04月 ( 30 )   > この月の画像一覧

日曜の反省・レース回顧(天皇賞春)

阪神大賞典の時の反省として、実力には逆らわないような馬券を心がけようと
自らに誓ったはずなのに…。

周りがディープディープって騒ぐとなんだかムカつき、
つい、ディープ以外の馬券を買いたくなってしまうもの。
レース前、直前になってトウカイトリックとローゼンクロイツ2頭の
ウォッチングを立て、ディープディープと騒ぐ連中への打倒を試みた。

ディープのこれまでを見ると、かつてのスペシャルウィークのように、
意外と人気薄の馬を連に絡ませ、人気被りでもそれなりの配当をもたらしている。

もしディープ◎の連中に挑むなら、
リンカーンやストラタジェムに◎を打ちディープを○にする
そういった予想ができてこそ本物。

印の無駄打ちほど醜い予想はなく、
そういう意味では今日の馬券の買い方はベストだったと思ってる。
反省するなら、無理にウォッチングを立てるのではなく、
レース単位の予想をすればよかったこと。
今後は、ウォッチングを強化しつつ、予想スタイルを使いこなせれば
さらに理想に近づくだろう。


今までおぼろげながら形を作ってきたウォッチングの概念を
この土日から全面に取り入れた。
ウォッチング重視することによって、馬単位の予想が可能になり、
かつレース予想に費やす時間と視点が激変した。
今後さらにウォッチングホースを増大させる予定だ。


それから今日の天皇賞の感想を最後に。
今日でマヤノトップガンのレコードが破られた。
ローレル×マーベラス×トップガンの最終激突で、
「ゴールが2つあった」とまで言われた97年の天皇賞。
あのときに打ち出されたのが、後ろから強襲したマヤノトップガンのレコードだった。

もうあれから9年…。
レースを思い出すと、あのときの自分の周りの出来事も思い出すから不思議だ。


【資本金】
102990円 → 97990円(−5000円

[PR]

by tanaken_p | 2006-04-30 17:47 | 5000円→1億円へ

トウカイトリック【1】天皇賞春(3回京都4-11)結果

a0037165_1702243.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【投資額】
 ワイド 1000円 → 0円(−1000円) <<<レース結果
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー。
これはもう、鞍上のミスにつきる。
長距離で粘りに粘ってこその馬。
阪神大賞典とは違い、今回は風もないから20馬身以上前にいれば、
そのまま連絡みも可能と見ていたが、中途半端なタメ逃げ。

今回の結果で、平地でもう狙えそうなレースは無い。
できるなら、障害に路線変更して。
東京ハイジャンプあたりを目指してもらいたいもの。

トウカイトリックだったら、
ジャンプ界最強のテイエムドラゴンに迫まれる可能性を秘めている。


【資本金】
98990円 → 97990円(−1000円

[PR]

by tanaken_p | 2006-04-30 17:08

ローゼンクロイツ【1】天皇賞春(3回京都4-11)結果

a0037165_16504941.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【投資額】
 ワイド 1000円 → 0円(−1000円) <<<レース結果
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
4角でディープに被された時の、アンカツの心理状態を想像すると、
今年の天皇賞最大のハイライトだったように思われる。

前々でのレースをディープ打倒を目指すローゼン陣営。そのディープは出遅れの後方から。
道中自分の馬ローゼンは前につけている。
4角、いよいよ直線へ。あとはどこで勝負をかけようか…
が、と思ったら隣にはディープ。
ゲゲッ!
あの4角でアンカツは相当気持ちが動揺したのでは。

とはいっても、馬なりのディープと一緒に仕掛けてはバテるに決まってる。
あの4角でのプレッシャーが相当鞍上の気持ちをゆるがせ、
判断を困難にしたのでは。

今回の結果で見限るにはまだ早い。
宝塚もこの馬をウォッチングしても十分価値あると今は見ている。


【資本金】
99990円 → 98990円(−1000円

[PR]

by tanaken_p | 2006-04-30 16:58

ラララウィンパル【1】はやぶさ賞(新潟10R)結果

a0037165_16463598.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【投資額】
 複勝 3000円 → 0円(−3000円) <<<レース結果
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
道中はいい感じで前々の追走。ただ、追ってから左右によれまくっていた。
いくら休み明けとはいえ、この出走馬メンツで上位にこれないようでは、
今後は厳しいだろう。
実力から、ここが連に食い込める最大のチャンスと見ていただけに、
もう狙えそうなレースはなく、残念な結果だ。

【資本金】
102990円 → 99990円(−3000円

[PR]

by tanaken_p | 2006-04-30 16:50

ローゼンクロイツ【1】天皇賞春(3回京都4-11)

今回は、前々でのレースを心がけるとのこと。
2走前の中京記念は、斤量差で実質1着の内容、
前走は馬場が原因。

ディープ以外、阪神大賞典組のレベルに疑問があり、
出走メンツから、上位に食い込める余地ありと見てクロイツ馬券を買う予定。

[PR]

by tanaken_p | 2006-04-30 08:46

トウカイトリック【1】天皇賞春(3回京都4-11)

ディープ以外はすべて横並びの状態。
瞬発力勝負になったら分が悪いが、
大賞典のようにおもいっきり突き放した逃げを打てれば、
そのまま前残りできる可能性も。

馬券はディープと絡めたワイドを購入予定。

[PR]

by tanaken_p | 2006-04-30 08:39

アドマイヤメイン 青葉賞:回顧

いま、青葉署のラップタイムを見た。
ダービーでは、サニーブライアン以来の逃亡劇を
見れるかもしれない。

ハロンタイムは↓。
12.6 - 11.1 - 12.0 - 12.4 - 12.3 - 12.1 - 12.5 - 13.0 - 12.0 - 11.5 - 11.6 - 12.2

なんといっても凄いのが後半の上がりラップ。
逃げを打って最後に11秒台を刻めると言うことは、
前半はゆとりを持って逃げていることになる。
終盤に13秒台が出ているのは、タメ逃げを打ったから。
ダービーで、もはやキングカメハメハの時みたいな異常すぎるHペースはないだろう。
だとしたら、今日と同じペースで走ったとしても、
そのまま押し切れる可能性は十分高い。
現時点で、アドマイヤメインのダービー連確保は決まったような感じだ。
今振り返れば、2回京都のきさらぎ賞は
相当質の高いメンツが揃っていたことになる。

[PR]

by tanaken_p | 2006-04-29 22:59

ラララウィンパル【1】はやぶさ賞(新潟10R)

新潟10Rに出走。
出走各馬のメンツとこの馬の実力を考えたら、
このレースこそ、連に絡める最大のチャンスと見ている。

[PR]

by tanaken_p | 2006-04-29 21:38

アドマイヤメイン【1】青葉賞 結果

a0037165_17115772.jpg
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【投資額】
 ワイド 1500円 → 0円(−1500円) <<<レース結果
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
その強さを理解していながら、単勝勝負を避けた自分がなんとも歯がゆい。
単勝オッズ2.3前後なら、他の馬を絡めてワイドでいけばリスクも回避できそうといった
考えで、相手3頭を選ぶ。
タマモサポートはペースが向かなかったのだろう。
マツリダゴッホ4着なら仕方なしだが、相手で狙うべきは
マツリダやタマモよりも、マイネルアラバンサだった。
東京2400問題なしの父スペシャルウィークに、
すでにオープン入りしているナイアガラにクビ差2着。
毎日杯3着も悪くない成績だった。

おそらく今日みたいなカタチの馬券選択は、
今後もさらに増えていくことが予想される。
そういうとき、どう買うかが今後の課題になりそう。

それにしてもアドマイヤメインのタメ逃げは、かつてのサイレンススズカを見ているようだった。
無事にいけば、古馬までウォッチングし続ける価値あり。
ダービーもこの馬と、ドリパス、サムソンでいけそうな気もしている。


【資本金】
104490円 → 102990円(−1500円

[PR]

by tanaken_p | 2006-04-29 17:15

アドマイヤメイン【1】予想

2回東京3日目11Rの青葉賞に出走予定。
距離の問題もあるだろうが、
このメンツだったら、まず問題ないだろう。

ただ問題はオッズ。
単勝で2倍前後なら、
もう1頭相手馬を選んだ方がいいのかも。

[PR]

by tanaken_p | 2006-04-28 23:48

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************