コロガシ馬券 必殺一億円

<<ブログトップ  『コロガシ馬券 必殺一億円』 望愛するミラクルおじさんへ捧ぐ…

資本金の最終到達額100,000,000円を目指し、日々邁進中!

*****

<   2005年 12月 ( 13 )   > この月の画像一覧

第9回チャレンジ54日目

a0037165_2050564.jpg
投資額 3300円 → 0円(−3300円) <<<レース結果
ーー他のレースは回避して結局有馬一本に絞る。ディープ軸に馬単と3単の馬券を購入。タップダンスシチーが10馬身以上離して逃げ、デルタが早めに仕掛けて直線へ。そのまま後ろからディープが来て、後ろからのハーツクライは届くかどうかとレースを想定した。もはや年齢的に厳しい状況にあるタップが果たして中山の坂を駆け上がれるかどうか。たしかに不安はあった。が、どこか自分の中にタップよもう一度という淡い期待があったのだろう。もしかしたらタップがそのまま逃げ切るのではと、レース直前にはその思いを強くしていった。
 今回のレースを見て4角。コスモバルクが逃げるタップを切り落として先頭に躍り出たとき、あぁタップの役目は終わったんだな…と感じさせられた。98年の有馬記念でもそうだった。4角で必死にしごくエアグルーヴを馬なりで旧4歳(現3歳の)グラスワンダーがかわす。去りゆく馬とこれからの時代を担う馬。こうして世代交代が行われていくのだ。今回の有馬記念で1番の象徴的なシーンは、何度見てもあの4角。タップをバルクが切り捨てたシーンだろう。
 勝ったのはハーツクライ。あの位置でレースをできるようになれば、もうこの馬は来年しばらく負けないのではないだろうか。ディープインパクトについていえば、中途半端な言い訳はやめてほしいもの。骨折疑いだとか調教ミスだとか展開の紛れだとか、そんなものは関係ない。負けは負け。かつてキングカメハメハがフォーカルポイントに敗れたあと眠れるDNAが呼び起こされたように、ディープも今回の敗戦でさらに強みをましてくる可能性は高い。が、敗れた場所が悪かった。無敗馬が敗れるにも敗れる場所というものがある。グラスワンダーやエルコンドルパサー、あるいは京都大賞典をステップにしたセイウンスカイ。プロテクトを度外視したレースに果敢にディープも挑んでいったなら、今回の敗戦もまた違ったドラマとして生きてきたのに…。非常に残念だ。

【資本金】
83260円 → 79960円(−3300円
ーーこのブログは七夕賞からスタートにて、まだ年度総括するには早すぎるかもしれない。が、ひとまず有馬が終わったのでざっと現状を振り返ると、今年の秋はどうにか菊の貯金で生きながらえた感じだ。秋その後のレースがさっぱり。馬券でプラスにもっていくには3年かかると言われる中、まだレース検討も手探り状態が続いている。自分のスタイルを確立するまではもうしばらくかかるだろう。徐々に何かをつかみかけているような気もしている。来年はさらに上を目指していきたい。

[PR]

by tanaken_p | 2005-12-25 20:51 | 5000円→1億円へ

日曜ほかレース予想

当初は中京のメインに照準を絞っていた。イットウリョウダンもしくはゲンパチミラクルに目をつけ検証していた。が、それよりもプリティメイズやボストンゴールドの方がよく見え、コスモシンドラーやシャドロンガールなど手がどんどん広がっていく状況だ。買い目が増え絞れそうになさそうなので回避。他のレースに目を移す。

【阪神12R:ファイナルS】
◎ タニノマティーニ
注 メジロマイヤー
ーー人気のアルビレオはもちろん押さえておいたほうがいいだろう。が、軸としてはタニノマティーニを狙ってみたい。アルビレオとは近走3戦して2勝。しかも前にいく馬がいないのですんなり先行できそうなのも魅力。

【阪神11R:六甲アイランドS】
◎ トニービーバー
ーー常に相手なりに走る馬。ま、1着はないだろうけど、展開が向けば3着にいつ食い込んでもおかしくないレースを続けている。オッズ見て、いい配当ついてそうなら複勝を購入予定。

[PR]

by tanaken_p | 2005-12-25 03:27

中山9R:有馬記念 予想

◎ ディープインパクト

ーー明日はどの馬を買うと言うより、どうやって馬券を買うかだろう。アドマイヤジャパンを物差しにして、3歳低レベルと論じるのはあまりにも極論すぎる。ジャパンカップは、Hペースでかつ上がりの要求されたレース。アドマイヤジャパンは早い上がりで3ハロンを乗り切ると言うより、平均的な走りで粘り込むスタミナタイプ。よってジャパンカップはまったく不向きなレースだっただけのことだ。
 ◎はディープ。もはやあら探ししても無駄な時間の浪費にて、とっとと購入馬券は決めて他のレース検討に時間を費やそうと思う。馬券は馬単でいくつもり。3複、3単だと買い目とリターンの比率が難しい。現時点でディープ→ロブロイの馬単4倍弱。ハーツやデルタだと7〜9倍になっている。今年に入ってからのロブロイに、かつてテイエムオペラオーに見せられたかのような衰えがある場合、2着は厳しいのでは。有馬は節目節目で世代交代が行われてきたレースだ。ロブロイにタップ。特にタップの引退は活躍が長かった分、一抹の淋しさがある。とはいえ、馬券となれば別。甘い心情は捨て、勝か負けるか。来るか来ないか。厳しい目で馬を選別していきたい。

[PR]

by tanaken_p | 2005-12-24 23:23

第9回チャレンジ53日目

a0037165_17314423.jpg
投資額 1800円 → 0円(−1800円) <<<レース結果
ーー積雪の影響で午前中の馬場発表は芝やや重。先行する馬が多くペースは速くなるだろうと想定した。荒れた馬場でペースが速くなれば、自然とスタミナ勝負になるはず。時計がかかるだろう。そうなれば後ろから行く馬にとっては有利になると見て、距離短も着差わずかのフジサイレンスやフェリシアを加えワイドで勝負をした。前走福島の重馬場で大敗したカネツテンビーが2着。また、10Rで逃げた馬がそのまま残っていたことから、思っている以上に馬場は回復しているようだった。時計もレコードタイムから2秒前後の決着。ちなみにCBC賞の過去3着内の馬のほとんどが、前走および前々走1200〜1400m経由だった。今年もその傾向通りの決着となった。

a0037165_1732092.jpg
投資額 600円 → 0円(−600円) <<<レース結果
ーーこちらは人気がそのまま結果に反映することが多いレース。それだけ現時点での完成度が出やすいということだろう。狙ってみたグロリアスウィークは終始気性の荒さを出してのレース。サクラメガワンダーとアドマイヤムーン、この2頭の実力が他よりも違っていた。

【資本金】
85660円 → 83260円(−2400円
ーー有馬ほか明日の予想はこれからします。

[PR]

by tanaken_p | 2005-12-24 17:32

放牧明け

先週は土日とも馬券は休みました。
というより、京都でCBC賞のみ購入したら、
結局中止でそのまま払い戻し。

明日はそのCBC賞を狙っていこうと思ってます。

[PR]

by tanaken_p | 2005-12-23 21:52

京都に

短期放牧に出てきます。
もしかしたら日曜はやれるかも。

[PR]

by tanaken_p | 2005-12-16 15:15

第9回チャレンジ51〜52日目

a0037165_1744916.jpg
投資額 1000円 → 0円(−1000円) <<<レース結果

a0037165_17443332.jpg
投資額 1000円 → 3360円(+2360円) <<<レース結果

a0037165_17450100.jpg
投資額 1500円 → 2900円(+1400円) <<<結果

a0037165_17452757.jpg
投資額 500円 → 0円(−500円) <<<結果

【資本金】
84400円 → 85660円(+1260円
ーー今日の朝日杯の出走メンバーを見ていて、サンデーサイレンスの産駒がわずか1頭。あぁ、時代は変わっていくんだなぁと感じさせられた。

[PR]

by tanaken_p | 2005-12-11 17:47 | 5000円→1億円へ

朝日杯+中京予想

パソコンを再インストール中にて、
結果はまとめて更新します。

朝日杯は、
3強+ダイヤモンドヘッドとダンノブリエで
固そうなので、
中京のメインを現在検討中。

◎にはロードグランディスを考えてます。

[PR]

by tanaken_p | 2005-12-11 11:38

第9回チャレンジ50日目

a0037165_1892580.jpg
投資額 5000円 → 0円(−5000円
ーーやっぱ大外枠が堪えたようだった。願わくはフサイチと同じように藤岡には4角手前から仕掛けて欲しかったのに、本当に直線一気を狙ったレース。やはりこのあたりが騎手の差なんだろう。
 自分としてはこのところ次のレースにつながる形で馬券を買えている。事前検証部分で足りないところを補いながら、来週に向けて検証していこうと思う。

【資本金】
89400円 → 84400円(−5000円

[PR]

by tanaken_p | 2005-12-04 18:09 | 5000円→1億円へ

阪神11R 阪神ジュベナイルF 予想

◎ アイスドール
注 セントルイスガール

ーー阪神JFのここ数年を見ると、ボトムラインが充実した馬の活躍が目立っている。今年出走してきた馬の中で、ボトムラインの目立っている馬をザッと上げると…

1番コイウタ…ビハインドザマスク
3番ブラックチーター…ゴールドティアラ、レッドチリペッパー
6番クリノスペシャル…マジックキス、アズマサンダース
11番セントルイスガール…ピルサドスキー、タムロチェリー、ファインモーション
18番アイスドール…トゥザヴィクトリー、サイレントディール

中でも一番濃厚な血を受け継いでいるのが8枠18番のアイスドールで、母ビスクドールの姉弟がトゥザとディールになる。赤松賞の内容からもアイスドールを狙っていこうと想う。

[PR]

by tanaken_p | 2005-12-04 12:40

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************