コロガシ馬券 必殺一億円

<<ブログトップ  『コロガシ馬券 必殺一億円』 望愛するミラクルおじさんへ捧ぐ…

資本金の最終到達額100,000,000円を目指し、日々邁進中!

*****

<   2004年 11月 ( 23 )   > この月の画像一覧

変更

前回までの色合いがあまりにもどんよりした感があったので、
色や画像を変更しました。

明日より、
今週の馬券的中に向けて
じっくりと検証に入りたいと思います。

[PR]

by tanaken_p | 2004-11-30 01:04

第5回チャレンジ9日目(11月28日)

a0037165_1891883.jpg

京都11R
【払戻】
ワイドBOX 7・9・18 各200円=600円 → 0円(-600円
−−過去の同レースの傾向を見たら逃げ残りが目立っていたので、比較的軽い斤量のナムラビッグタイムと、近走差のない競馬を続けていたローランジェネルー、平坦1200の実績が魅力だったシルヴァーゼットを購入。58kは重すぎると消したギャラントアローとナムラの競り合いで、直線ナムラの方が失速。ローランジェネルー3着、シルヴァーゼット4着。


a0037165_1893711.jpg

東京10R
【払戻】
ワイド 1・10 300円 → 0円(-300円
−−ドン一本かぶり人気だったので、ちょび買いで様子見。


a0037165_1810298.jpg

東京11R
【払戻】
ワイドBOX 3・4・7・8・9・10・12・14 各100円=2800円
          → 2820円(+20円
−−バルクかロブロイの飛びで高配当狙いの他力本願馬券。ワイドトリプルでほぼ元返しに。

【資本金】
9220円 → 8340円(-880円
−−守りに入りすぎてこのところ思い切った勝負ができないでいる。しかもJCにいたっては、レース直前で目を付け足し購入額が分散する始末。チキンハートぶりを解消するための対応策として、予想を事前に文字化することで考えを整理するのもひとつの手だと考え、来週より事前予想を更新する予定。それから購入額も資本金の半額で勝負するといったルールを設定した方がいいかもしれない。その辺りを改善しながら来週へと向かいたい。
[PR]

by tanaken_p | 2004-11-28 18:10 | 5000円→1億円へ

第5回チャレンジ8日目(11月27日)

a0037165_22343260.jpg

東京10R
【払戻】
ワイド 3→12・14 各200円=400円 → 1060円(660円
−−勝負できるレースが見つけられず、比較的軸不動と思われた同レースを少額購入。前走tvk賞組が有力だと考え、フジサイレンスとアイアムザチャンプを抑えに。もう1頭のtvk賞組ハウズトリックスが来て、ダブル的中とはならず。


a0037165_22345137.jpg

京都11R
【払戻】
ワイドBOK 6・7・10・11・14・15・17 各100円=2100円 → 1070円(-1030円
−−当初はメテオバーストを連軸に攻める予定だったが、逃げ馬ダイワエルシエーロ単騎でスロー必至。直線団子状態になったときに紛れも考えられ、ワイドBOXに変更する。単騎逃げだからこそ逃げ残り。ダイワエルシエーロを正直見くびりすぎていた。結果がマイナスに。


【資本金】
9590円 → 9220円(-370円
−−少額購入故に、金額の上下も小幅。もう少しチャンスを待ちながら攻めたい。
[PR]

by tanaken_p | 2004-11-27 22:34 | 5000円→1億円へ

先週の総括:馬場状況

土日開催直前、ここで先週の芝ダートの状況を復習しておきたい。

−−上位馬(掲示板馬)の位置取り
■京都:芝
・土曜2R(1400):3-3-2/6-4-5/7-4-4/1-2-2/10-8-7
・土曜3R(1600):1-1-1/6-4-4/5-4-4/2-2-2/8-7-7
・土曜5R(1400):1-2-2/5-5-4/13-11-9/8-8-8/3-3-3
・土曜6R(2000):1-1-1-1/5-5-2-2/8-8-7-6/10-11-9-9/6-6-2-4
・土曜10R(2400):6-5-4-5/10-10-10-11/6-7-8-7/4-4-4-2/1-1-1-1
・日曜3R(2000):8-8-8-5/1-1-1-1/13-13-10-9/6-7-6-5/5-5-4-2
・日曜5R(1600):1-2-2/13-11-10/1-4-3/11-9-7/1-1-1
・日曜6R(1400):8-8-6/3-3-3/2-2-2/1-1-1/10-9-9
・日曜7R(2400):8-9-5-4/11-12-12-13/12-13-14-14/16-15-14-14/6-3-5-4
・日曜9R(1600):7-5-4/4-8-9/7-10-13/4-3-2/6-5-4
・日曜10R(2000):5-6-5-5/7-8-8-7/9-9-8-9/1-1-1-1/3-3-3-3
・日曜11R(1600):15-13-13/11-7-9/14-15-15/16-16-15/6-7-9
−−力のいる状態になっており、逃げ馬の逃げ切るはやや厳しい状況となっていた。実力がやや劣る逃げ馬が逃げ切るには少なくともラップ13秒台のスローに落とすくらいの展開が必要の状況だった。内突っ込んでの追い込みはやや決まりにくい馬場状態で、後方から行く馬は外枠がよりベストであった。今週もこの傾向はどうようで、逃げ馬にとり厳しい状況は続くと思われる。
■京都:ダート
・土曜1R(1400):1-1-1/5-3-2/2-2-2/3-3-2/5-6-5
・土曜7R(1400):4-2-2/1-1-1/4-5-3/7-5-6/2-3-3
・土曜8R(1800):2-3-3-2/1-1-1-1/5-5-5-5/2-3-3-2/7-8-8-6
・土曜9R(1400):1-1-1/8-7-9/10-10-10/4-4-3/2-2-2
・土曜11R(1800):14-14-14-13/6-5-5-3/5-5-5-3/3-3-3-3/11-11-11-11
・土曜12R(1400):1-1-1/14-14-13/3-4-4/7-5-4/9-8-8
・日曜1R(1200):2-2-2/1-1-1/8-6-4/5-6-7/4-3-4
・日曜2R(1400):1-1-1/2-2-2/3-4-4/3-2-3/7-7-6
・日曜4R(1200):10-7-6/1-3-2/8-5-4/3-1-1/9-9-9
・日曜8R(1800):2-2-2-2/12-14-13-11/3-3-3-2/14-11-11-11/3-3-4-4
−−大まかにダートの場合、理想としては中団よりも前の位置取りが理想といえる状況だった。後方一気からの連絡み馬も何頭かいたので、やみくもに後ろ=消しは禁物ではあった。重から始まり馬場回復だったことを考えると、今週は先週よりも時計が掛かることが想定され、力が必要とされ出走レースの距離+アルファの実績が馬に問われるのでは。

■東京:芝
・土曜3R(2000):5-5-5-3/8-6-5-6/5-6-5-3/1-1-1-1/3-3-3-3
・土曜6R(1400):7-7-7/7-10-9/15-15-12/3-5-4/1-2-1
・土曜10R(1400):2-4-4/1-1-1/14-15-15/4-2-2/10-10-11
・土曜11R(1800):13-11-11-11/8-8-9-8/11-13-13-13/5-3-3-3/11-11-11-11
・土曜12R(1400):18-18-18/9-10-9/12-12-11/14-14-14/14-14-14
・日曜2R(1400):3-5-5/9-9-7/16-16-16/10-9-8/1-1-1
・日曜3R(1600):3-3-3/9-6-6/1-1-1/3-3-3/3-6-6
・日曜5R(1600):6-6-5/1-1-1/3-3-3/11-11-11/6-6-7
・日曜6R(1400):12-13-12/7-9-7/7-7-10-/7-7-5/3-4-5
・日曜9R(1800):6-6-7-5/13-12-12-12/1-1-1-1/6-6-5-5/16-16-16-15
・日曜10R(1400):8-8-11/4-6-6/17-17-17/8-8-9/4-3-4
・日曜12R(2300):6-6-6-4/11-8-8-6/9-10-10-6/15-14-11-9/8-8-8-9
−−Cコースの高速馬場。といえば先行そのまま逃げ切りのイメージがあったが、実際はまったくの逆。逃げ馬は実力がない限り逃げ残りは厳しく、連絡みした馬の多くは中団や後方からの追い込み。ちなみにミリオン馬券となった土曜10Rは、Sペース人気薄の逃げ残りだった。逃げ馬が揃ったレースは、やはり後方から行く馬有利の展開といったところか。
■東京:ダート
・土曜1R(1400):13-13-13/3-3-5/3-5-2/8-8-8/12-11-8
・土曜2R(1300):10-5-4/2-13-11/8-5-6/1-1-1/4-4-4
・土曜5R(1400):8-5-4/4-3-2/9-9-8/2-3-4/14-14-13
・土曜7R(1300):1-1-1/2-2-2/6-7-5/2-2-2/9-9-8
・土曜8R(1400):4-4-4/11-7-7/13-11-12/14-14-12/4-2-2
・土曜9R(1600):15-15-15/2-2-2/5-2-3/1-1-1/14-13-13
・日曜1R(1600):2-1-1/3-3-3/15-15-12/3-6-5/1-2-2
・日曜7R(1400):9-9-11/8-7-10/14-14-13/13-12-13/9-9-7
・日曜8R(1300):4-5-4/1-4-2/9-9-9/6-5-7/8-7-7
・日曜11R(1400):7-6-5/11-9-9/7-8-7/10-12-11/13-12-11
−−重からスタートで最後に良馬場へ。今週土日東京は雨の心配はないようで、そのまま良馬場開催か。先週の東京ダートは重だったこともあり早いタイムが出ていた。どちらかといえば、後方から行く馬の連がらみが目立った。馬場回復と共に、逃げ残りのケースは減少ぎみだったことを考えると、今週、やみくもに逃げ馬に飛びつくのは危険な状況のような感じだ。

[PR]

by tanaken_p | 2004-11-27 03:12

今週の展望2(JC&JCダート)

枠準確定。
いつもより1日早く時間があるので
簡単にJC&JCダートの展望を記したい。

■JC
できることなら正直外国馬は全部消したいところ。
やはりその理由としてあげられるのは馬場適正。
特にまだ改装後、使用頻度の低いCコース。
硬い馬場状態であることはタイムからも窺え、
果たして柔らかい馬場を中心に活躍してきた外国馬に取り
出る幕はあるのだろうか?
一昨年、上位に外国馬が占めたとはいえ、
あのときは確か東京コース工事中で中山連続開催。
相当荒れた馬場状態だったような気がする。

展開としてはマグナーテンの逃げ、あるいは
そのままデルタブルースあたりも
行くままにまかせて先頭を切りそう。
どちらにせよバルクが控えることでペースは遅くなるはず。
馬群はひとかたまりのまま展開していくのでは。
となると、内枠後方からのハーツクライにとり
内側が開くのを待つか、それとも最終コーナーで
膨れまくる馬群の外へもちだすのか決断に迫られ、
やや位置取りとしては不利といったところか。

ゆったりとレースが流れると想定して
穴として面白そうな馬を1頭あげるとすれば、
ずばり、エルノヴァだろう。
包まれてもまれず中団より前あたりにつけられれば、
連絡みの可能性も捨てきれない。
印のつきが薄いが、3連複、ワイドの抑えとしても
取捨は十分検討の上で結論を下したほうがいいかも。


■JCダート
絶対軸アドマイヤドンでゆるぎないだろう。
ただ中央レースに限って言うなら、
不思議とかつてのスペシャルウィークのように
人気薄を連に連れてくる傾向があり
ほか人気馬がわりと先行馬が多いだけに
人気薄の追い込みを抑えておいてもおもしろそう。


いずれにせよ、
JC=どの馬も不安要素有り
JCダート=ドン軸人気集中
と、馬券としては大きく勝負にいきにくいレースであることは確か。
あとは土曜の芝、ダート状態を見てから判断したい。

[PR]

by tanaken_p | 2004-11-25 22:23

好タイム馬(5回東京、5回京都5〜6日目)

■土曜京都
・1R…ウインサウザー、フーバーダム
・9R…キャントンガール
■日曜京都
・6R…マルカジーク、コスモマーベラス、アドマイヤサプライ
・11R…デュランダル、ダンスインザムード、テレグノシス、マイネルソロモン

■土曜東京
・2R…パルシェル、オリエンタルスワン、カーレッジブライド、シノベルベット
・3R…サムライジョーイ、マイネルアルドーレ
・7R…ソーアラート、ストロングメモリー
・11R…スムースバリトン、ペールギュント、ニシノドコマデモ、エアサバス
■日曜東京
・1R…スルーレート、ストームタイガー、シルクアルタイル
・3R…トップガンジョー

[PR]

by tanaken_p | 2004-11-25 01:02

先週の総括(5回東京、5回京都5〜6日目)

馬券購入を見送ったレースを予想し、『競馬ブック』で結果を確認。
そんなことをしていると、重賞、G1クラスは別として
それ以外のクラスだと競走馬の実力がいかに拮抗しているかがわかる。
だからこそ、条件レースでは人気馬の過信は禁物であり、
レース予想の見極めも慎重にならなければと痛感させられる。


ざっくりと先週の総括から−−
まずは前開催から先週までの馬場状態をレコードタイム差の平均で見ると
■4回東京
・初日:芝A(稍重)2.30、ダ(重)1.54
・2日目:芝A(稍重)2.25、ダ(重)1.45
・3日目:芝A(良)2.67、ダ(稍重→良)2.10
・4日目:芝A(良)1.60、ダ(良)1.56
・5日目:芝A(良)2.47、ダ(良)3.28
・6日目:芝A(良)3.52、ダ(良)2.70
・7日目:芝B(良→稍重)2.24、ダ(良→重)1.33
・8日目:芝B(重→稍重)2.98、ダ(重)1.33
■5回東京
・初日:芝B(良)2.28、ダ(良)2.22
・2日目:芝B(良)2.28、ダ(良)3.42
・3日目:芝B(稍重→良)2.20、ダ(重→稍重)1.08
・4日目:芝B(良)2.57、ダ(稍重)1.52
・5日目:芝C(稍重)1.50、ダ(重→稍重)1.52
・6日目:芝C(良)1.11、ダ(稍重)0.85


■4回京都
・初日:芝A(稍重)2.90、ダ(不良)1.96
・2日目:芝A(良)2.78、ダ(重→稍重)1.97
・3日目:芝A(良)1.90、ダ(良)3.06
・4日目:芝A(良)0.95、ダ(良)3.88
・5日目:芝A(良)2.78、ダ(良)3.42
・6日目:芝A(良)2.80、ダ(良)2.23
・7日目:芝A(良)2.56、ダ(良→稍重)2.07
・8日目:芝A(稍重)3.03、ダ(稍重→重)3.84
■5回京都
・初日:芝A(良)2.47、ダ(良)2.46
・2日目:芝A(良)2.28、ダ(良)2.32
・3日:芝B(稍重→良)1.87、ダ(不良→重)1.68
・4日目:芝B(良)3.23、ダ(稍重)2.53
・5日目:芝B(良)3.02、ダ(重→稍重)1.97
・6日目:芝B(良)3.46、ダ(稍重→良)2.86

さすがに京都は連続開催で芝時計も掛かり始めている。
が、ざっと見て気づくのは東京Cコースでの
異常なまでの高速馬場状態だ。
ここで思い出されるのは今年の日本ダービー前後。
レコードでキングカメハメハが突き抜けたのは承知のこと、
その前週の目黒記念。稍重にもかかわらず
7着までが基準タイムを上回る時計を記録している。
もはやCコース=高速馬場と記憶しておいてもいいような状況ではないだろうか。


ところで先週、3連単で280万馬券が出た。
3着同着がなければ560万馬券となっていた。
高配当が出る条件としては、以前も記したかもしれないが、
大まかに2つに別れると思う。
■人気馬が跳ぶ
 →過剰な1本かぶり&世論と馬の実力との間に溝
 →Sペースによる逃げ残り
 →Hペースでのズブズブ=追い込み馬の台頭
 →アクシデント=故障、壁
■実力が拮抗…どの馬(人気薄)がきてもおかしくない状態


ミリオン馬券となったのは土曜東京10R。
1着からビリまでの着差が0.7秒差。
結果からいれば、人気以上に実力差はどの馬もさほど
無かった状況といえるのではないか。
少ないリスクでビッグリターンを狙い、
あえてこういう荒れ要素を含んだレースで勝負をかけるのも
資本を増やすにはひとつの手だと思う。

だが、しかしだ。
後付で見ていけばこういうレースをひもとくことも可能だろうが、
レース発走前にはたしてどれだけ実力差を読みとれるだろうか。
血統、タイム理論、コース適正、人間関係(政治理論)、サイン…
世の中にはさまざまな馬券術が存在する。
自分も馬場状態とレコード差を読み抜き、
馬の実力差から馬券を狙う方法論を優先していたこともあった。
いくつかとれるレースもあれば、とれないレースもある。
1つの理論に固執するのはよくない。結論はこうだった。
現にBSフジ深夜の『競馬予想TV!』市丸某のタイムフィルターでは
先週デュランダルの評価を一枚落とし、ファインモーションに◎を打っていた。

レースの質を事前に読み抜ければ、
予想の仕方も違ってくるはず。
自分はまだ手探り段階であり、
力をつけつつ、いずれこういう実力拮抗のレースで
少リスクビッグリターンを狙ってみたいと考えている。

[PR]

by tanaken_p | 2004-11-23 22:13

今週の展望(JC&JCダート)

先週の総括の前に、今週の展望から。

■JCダート
 過去3着、2着。弱点も長所も知り尽くしているアンカツが騎乗ならば、アドマイヤドンの絶対能力はゆるぎない形で発揮されるだろう。あとはクロフネのレコードタイムにどれだけ迫れるか。今回、この馬の真の敵は出走馬よりもクロフネ…といったところではないだろうか。そのJCダートに久々に胸を躍らせる馬が参戦。ローエングリンの芝からダート替わりは大拍手であり、もしかしたら今年1番のビッグサプライズになるかもしれない。血統の背景は『競馬ブック』誌上で熱く語られているのでそちらを参照していただくとして、なにかただならぬ予感を秘めた感じがたまらなくいい。マイルCでのラクティみたいな結末もありうる反面、ドンに影を踏ませず押し切る…そんな期待感も抱いてしまう。結果が未知数だけに想像力倍増。たまらん!

■JC
 4歳勢の陥落。秋〜来年以降の主軸となる予定だったキングカメハメハの引退。今年の古馬戦線はタップこそいたとはいえ、主役不在のレースが続いた。そんな中、日本勢の総大将は、天皇賞を勝ったことでゼンノロブロイに。そのロブロイも振り返ってみれば前走の勝利は、3歳天皇賞秋参戦回避で菊へ→直線がトラウマ→以後勝ちきれず…の状況から借りを返しただけ。来年以降の古馬戦線での主軸をなすためにはここでの勝利は必須であり、逆に言えば、JCで勝利したものこそ古馬戦線の主役となっていくような状況だ。
・ロブロイ→ベストパフォーマンスは2000メートル説
・バルク→騎手変わりで抑える競馬
と人気どこ2頭が抱える不安をいかに払拭できるか。その当たりもポイントになりそう。外国馬の取捨が難解ゆえ、馬券購入については1200から3000、芝ダート兼用のタケシバオーなみに、複勝からワイド、単勝、3連複と選択肢の幅を広げて選んだ方がいいかもしれない。


先週の総括については明日以降に。

[PR]

by tanaken_p | 2004-11-23 02:21

第5回チャレンジ7日目(11月21日)

a0037165_18203789.jpg

京都11R
【払戻】
複勝 15 1000円 → 2000円(+1000円
ワイド 7×15 300円 → 1410円(+1110円
ワイド 3×7 300円 → 0円(-300円
ワイド 5×7 200円 → 0円(-200円
ワイド 7×11 200円 → 0円(-200円
−−ダンスで勝負しディランダルで保険をかけ手堅くプラス。昨日の負け分を取り返す。ギャラントアローの逃げは、ダンスが突き抜けた桜花賞と同じペースになるのではと予想。前、前で比較的楽にレースを運びやすいのがダンスと踏む。オッズが2〜3倍ついていたので複勝購入に踏み切り、念のためデュランダル軸にワイドを抑える。大きく勝負に出てもよかったが、やはり競馬。昨日のようなレースに大きく勝負に出た場合、逆にマイナスダメージも大きく、もう少しチャンスを待ちたいと思う。

【資本金】
8180円 → 9590円(+1410円
[PR]

by tanaken_p | 2004-11-21 18:20 | 5000円→1億円へ

第5回チャレンジ6日目(11月20日)

a0037165_1844289.jpg

京都11R
【払戻】
ワイド 11→1・2・5・9・13・14 各200円=1200円
           → 0円(-1200円
−−休み明けの成績も問題なし。先行馬が揃いハイペース。中団くらいの位置付け理想の中、2走前やや抑え気味の競馬も経験済み。ただ懸念されたのはマーチS時の様な出遅れ。その不安が現実のものに…。イサオヒートに人気が集中していただけに、もし来ていたとしても配当面は少なめだったことだろう。だったら東京メインで勝負すべきだったかと反省する。


【資本金】
9380円 → 8180円(-1200円
[PR]

by tanaken_p | 2004-11-21 18:05 | 5000円→1億円へ

これよりメニュー開始

ブログトップ

*************